読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できれば映画に浸っていたい。。

鑑賞した映画のレビューや解説を勝手気ままに書いていきます。

2016年 <私的>映画ランキング Best30

映画

みなさま あけましておめでとうございます。

えー、今さらながらですが。

昨年(2016年)1年間に封切られた映画のうち、わたくしが劇場鑑賞した作品につきまして、ランキングを発表したく思います!

f:id:vegamacjp:20170102123703p:plain 

<採点、ランキング方法について>

そもそも私は、映画を劇場鑑賞した後、備忘録の意味もあり、都度Filmarksに簡単なレビューと評点(5点満点)をつけていまして。今回のランキングはその際に付けた評点を基に”順位付け”をしたものとなってます(※同点のものは改めて検討のうえ順位を付けました)。

実はこのやり方を採用すると、ぶっちゃけ、(評点した自分自身でも)ランキング結果に違和感を覚える面もありました。たとえば、「あれ?レヴェナントって、シビル・ウォーよりも下でよかったっけ??」とか(笑)。

ただ、今回はそういった違和感に対して、改めて点数を調整したりはしませんでした。人間の記憶はいい加減なもので、時の経過と共に、そのデータは劣化するもの。また世間一般の評判が自分の評価に影響を与えることもあるだろうかと。よって今回は”鑑賞直後の率直でフレッシュな”判断を優先することとしました。

<※リンクを貼りましたレビュー動画は、いずれもUstreamライブ配信用に一発撮りしたものです。お見苦しい点などありましたらお赦し願います。>

 

 

前置きが長くなりましたね(笑)、、

早速ランキング発表行きます!!

 

 

30位 クリーピー 偽りの隣人

f:id:vegamacjp:20170102121318j:plain

怖い、巧い、気持ち悪い、三拍子揃った傑作スリラーかと。この映画、観客をコワがらせるための仕掛けが絶妙。ただ、”あるところ”を見せるディテールがちと甘いかも。

 

29位 ブリッジ・オブ・スパイ

f:id:vegamacjp:20170102121348j:plain

こういう物語って、実は主人公のやろうとしてることが結構ヤバい事だって(観客に)解らせるの、結構難しい気がするのだ。その点、コーエン兄弟の脚本力なのかスピルバーグの演出力なのか、この映画は実に見事にサスペンス感を滲み出させている。

そして準主役マーク・ライランスの魅せる静かなるも熱い佇まいは非常に印象的。

 

28位 夏美のホタル

f:id:vegamacjp:20170102121415j:plain

とにかく有村架純の可愛さに打ちのめされる一本(笑)。でも実は光石研の醸す哀切感こそが、この物語の柱だったりする。

ロケ映像で魅せる夏の情景も実にリアルで素晴らしい。

 

27位 ザ・ウォーク

f:id:vegamacjp:20170102121430j:plain

3DIMAXで鑑賞。(綱渡り)屋内練習中に失敗してバランス棒(?)を落とす場面では思わず身をよじった(笑)。スリリングな演出よりも、主人公のポジティブなトライアル物語にフォーカスした面に好感。

 

26位 SCOOP!

f:id:vegamacjp:20170102121524j:plain

福山雅治にはムカつく。こんな汚れ役やっても何気にカッコいいのだから(笑)。

演技面においては、特に滝藤賢一リリー・フランキーが印象的で素晴らしい。そして二段式のクライマックス!!意外性と独特のヒリヒリ感が相まって、思わず引き込まれてしまった。


映画「SCOOP!」ショートレビュー【前編】


映画「SCOOP!」ショートレビュー 【後編】

 

 

25位 ペレ 伝説の誕生

f:id:vegamacjp:20170102121544j:plain

単なるスポーツ痛快物語というだけでなく、ブラジリアンのアイデンティティにも言及したヒューマンドラマに感動!!サッカーシーンが涙で歪む。

ペレの両親を演じる二人がとにかく最高。

 

 

24位 ダゲレオタイプの女

f:id:vegamacjp:20170102121608j:plain

海外進出しても黒沢清 監督の論理的に構築された恐怖世界は健在。本作はただ怪奇的なだけでなく、男の悲哀に満ちた情感が溢れている。主人公の青年を捉えた”あのラストカット”はいつまでも脳幹に絡みついて離れない。


映画レビュー『ダゲレオタイプの女』『イレブン・ミニッツ』広尾のシネマ☆JACK#2

 

 

23位 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

f:id:vegamacjp:20170102121633j:plain

スター・ウォーズ観て初めて泣いた。

スピンオフ作品と称されるが、実はシリーズ上の重要なストーリーを繋ぐ”正統な”前日譚。実は切ない父娘愛の物語でもある。”Stardust”という言葉を思い浮かべると今でも涙腺が緩む。


映画レビュー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』広尾のシネマ☆JACK#11

 

 

22位 レヴェナント:蘇えりし者

f:id:vegamacjp:20170102121650j:plain

ディカプリオにアカデミー賞を取らせるために映画界の才能が集結。その有り様こそが最も感動的な一品。ラストカットで、ディカプリオ演じる主人公はこちらを見つめる。われわれ観客を、ではない。アカデミー会員を睨んでいるのだ。

トムハのヤな奴っぷりも秀逸(笑)。

 

21位 ヘイル、シーザー!

f:id:vegamacjp:20170102121702j:plain

これは、ある事情(誘拐ではない)で人生の岐路に立った主人公の葛藤を、スタジオでの”激務”をこなす日常をとおして描いたヒューマンコメディ。撮影所が舞台なだけに、劇中劇の場面がふんだんに使われていて、そのベタな演出や役者の大根っぷりでも結構笑わせてくれる。

 

20位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

f:id:vegamacjp:20170102121742j:plain

とにかく無邪気に楽しめる!このシリーズはプロダクトデザインがカッコ良いし、男子向けマンガとして実によくできている。また数多くのアメコミ(マーベル)ヒーローを登場させながらも、決して混乱や破綻をきたす事なくスッキリと見せてくる構成に舌を巻く。

 

19位 われらが背きし者

f:id:vegamacjp:20170102121810j:plain

何が起きるか判らない不穏感演出と、男のロマンティシズムに満ちた”西部劇”的熱さが合わさった”ハイブリッド構造”のサスペンス。スパイものながら、民間人とマフィアが主人公というのも面白い。


映画「われらが背きし者」ショートレビュー

 

 

18位 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

f:id:vegamacjp:20170102121852j:plain

東西冷戦下、ハリウッドを襲った”アカ狩り”に翻弄され続けた天才脚本家の伝記物語。事実は小説より、、というがこれは凄い。それでも終始明るくポジティブな空気感を前面に打ち出した作風も好き。ヘレン・ミレンジョン・グッドマンの存在感も素晴らしい。

 

17位 エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

f:id:vegamacjp:20170102121902j:plain

「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレーター監督最新作。アメリカのある州立大学・名門野球部を舞台にした3日と15時間の”バカ騒ぎ”。しかしこのバカっぷりが人生の哀切感を引き出してくるという、いいオトナにとっての追体験映画でもある。


映画「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」ショートレビュー

 

 

16位 エクス・マキナ

f:id:vegamacjp:20170102121913j:plain

AIを搭載したヒューマノイドチューリングテスト(人間として違和感がないかのテスト)を命じられる主人公の”未婚”青年。もはやAIは人の恋愛感情をもコントロールしてしまうのか。『her』で描かれたテーマをサスペンスフルに扱った物語とも言えるのかも。


映画「エクス・マキナ」ショートレビュー

 

 

15位 シン・ゴジラ

f:id:vegamacjp:20170102121928j:plain

1954年製・初代ゴジラの物語構造を踏襲し、庵野&樋口監督の現代性で肉付けした力作。終始、政府目線で語られるストーリーは、われわれ現代人ならではの恐怖と不安を煽り立てることに成功している。製作関係者の”ゴジラ愛”が溢れた作品とも言えるのでは。


映画「シン・ゴジラ」&「ゴジラ(1954年)」ショートレビュー

 

 

 

14位 ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

f:id:vegamacjp:20170102122031j:plain

埋もれた天才作家と辣腕編集者の出会い、そして深い友情。朴訥とした編集者パーキンスの感情を微妙な表情の変化だけで表現するコリン・ファースの演技が秀逸。ラストシーンで彼が”思わず”とる所作に、私の涙腺は崩壊してしまった。

 

13位 君の名は。

f:id:vegamacjp:20170102122046j:plain

よくできてる。よくでき過ぎていて”あざとさ”すら感じられない(笑)。中盤から泣きっぱなしで鑑賞。日本の神道文化に根ざしたストーリーも魅力的だ。インバウンド需要すら意識しているのではないかというマーケティング性も含め、どこをどう切ってもよくできた作品。

 

12位 永い言い訳

f:id:vegamacjp:20170102122222j:plain

2回鑑賞。初回は、あまりに主人公の人物像がリアル過ぎて、ヘンに感情移入し過ぎてしまった。2回目で、この主人公をあるていど客観視することにより本作の物語性が心に入ってきた。失ってから通じ合う心。通じ合って初めて得られる喪失感。しかし、そこまでして喪失感は得るべきものなのだろうか。これは極私的問題作。


映画レビュー『永い言い訳』 『シェルタリング・スカイ』広尾のシネマ☆JACK#3

 

 

11位 アスファルト

f:id:vegamacjp:20170102122252j:plain

 フランス郊外の団地を舞台に展開する、孤独な男女6人の群像劇。

登場人物たちの言い知れぬ”深い孤独感”と出逢いのもたらす”ほのかな希望”が、暖かくもユーモラスに描かれる。特に、製作者のポジティブな人生観を象徴するかのようなラストカットが洒落ていて大好き。


映画レビュー「アスファルト」広尾のごきげん空模様#78

 

 

 

それではベスト10にいきます!!!

 

 

10位 退屈な日々にさようならを

f:id:vegamacjp:20170102104343j:plain

人は、突如訪れた激しい喪失感と”どう折り合いをつけていくのか”。

笑いと不穏感が終始入り乱れるこのエンタテインメントは、被災地をめぐる人々の切なる心情を刻む物語でもある。


映画「退屈な日々にさようならを」ショートレビュー

 

 

9位 映画 聲の形

f:id:vegamacjp:20170102104358j:plain

極めてデリケートなテーマを真正面から扱う姿勢に、先ず心を打たれた。

それでいて、ユーモラスでどこか愛らしく、ポジティブな希望に溢れた青春譚として仕上げているところが凄い。

 

8位 サウスポー

f:id:vegamacjp:20170102104411j:plain

序盤たった数十分で、主人公を取り巻く家族の”愛情の深さ”を脳髄に叩き込んでくる構成が凄い。さらには、ヒューマン・ドラマとしての”エモーショナル”な要素をベースにしながらも、実は、”ロジカルな戦略性”を決め手としている点が極めて特徴的。

 

7位 レッドタートル ある島の物語

f:id:vegamacjp:20170102104424j:plain

日本画を彷彿とさせるような繊細なタッチの映像に先ず心を奪われる。

まるで自然界からそのまま切り出したような光と音が、言葉を介さないシンプルな物語と絡まって、切なくも温かい”何か”を観る者の心に刻み込んでいく。


映画「レッドタートル ある島の物語」レビュー”広尾のシネマ☆JACK”より

 

 

4位 ブルーに生まれついて

f:id:vegamacjp:20170102104727p:plain

JAZZの本質は”憂い”。天才であるゆえに、その本質に巻き取られていくチェット・ベイカーの姿が哀しい。ラスト、画面が暗転しテロップが現れた瞬間、なぜだか嗚咽しそうになり口を押さえた。

イーサン・ホークの歌う”マイ・ファニー・ヴァレンタイン”も素晴らしい。世界的一流俳優の多芸っぷりに、また驚かされた。


映画レビュー『ブルーに生まれついて』『セッション』広尾のシネマ☆JACK#10

 

 

 

いよいよベスト3です!!!

 

 

3位 ニュースの真相

f:id:vegamacjp:20170102105009j:plain

主人公の女性プロデューサーが醸す”哀切感が堪らない。終盤、彼女が自らのプライドを賭けて内部調査委員会の連中と対峙する姿は、まるで『300(スリーハンドレッド)』の”レオニダス王”を彷彿とさせ、観ているこちら側の心を鷲掴みにして離さない。


映画 「ニュースの真相」ショートレビュー

 

  

2位 湯を沸かすほどの熱い愛

f:id:vegamacjp:20170102104956j:plain

末期ガンに侵されながらも、凛とした佇まいを残しながら気丈に目的に向かって歩き続ける主人公を、もはや涙なしで観ることなどできない。そんな彼女を支えるのは、ほかならぬ周囲への”熱い愛”なのだから。観終わると、一見ベタにも思えるタイトルの必然性がドシッと腹に落ちてくる。


映画「湯を沸かすほどの熱い愛」ショートレビュー

 

 

 1位 リップヴァンウィンクルの花嫁

f:id:vegamacjp:20170102105026j:plain

実に恐ろしい人間の業が、この物語のベースとなっている。

ところが、なぜだか切なく愛らしさに満ち溢れた佇まいをみせるのが、本作最大の魅力。そして、言い知れぬ不穏感を誘う怪しげな登場人物の面々。彼らに囲まれているからこそ、黒木華演じる主人公の無垢な弱々しさが際立つ。


映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」ショートレビュー

 

 

<総評>

私はキホン洋画派です。したがって従来は、観る映画の本数など圧倒的に外国映画が多かったし、心に残る映画のほとんどもそれらの内にありました。

ところが今年はなんだか様子が違う。いつになく邦画に素晴らしい作品の数々が登場してきたと思うのです。結果的には、ランキング上位2本は邦画が占め、なおかつBest10の中に5本(合作も入れると6本 )も日本映画がランクインするといった事態(?笑)となりました。

 

もちろん(素人同然の)私が、客観的かつ定量的に数々の映画を評価し、公平にランキングしていくのには、到底無理があるでしょう。

したがって上記ランキングは、あくまで私個人の趣味と偏見に基づく判断がもたらした結果であること、お赦しください。

言い換えると、昨年の春に『リップヴァンウィンクルの花嫁』の素晴らしさに打ちのめされた挙句、その後の邦画の見方が変わってしまった結果、、と分析できるのかもしれません(笑)。

 

ただ、今回は"Best30"には入らなかった作品の内にも、素晴らしい作品が実に多くありました。 洋画にしても、邦画にしても、全体的に粒ぞろいだったというのが私の率直な感想。本当は最低でも50本くらいは挙げないと、”2016年の映画鑑賞”を総括し切れないような気もしているのです。

 

ちなみに昨年、新作で劇場鑑賞した作品は下記151本。

作品名 公開日
ブリッジ・オブ・スパイ 2016年1月8日
イット・フォローズ 2016年1月8日
タイム・トゥ・ラン 2016年1月9日
知らない、ふたり 2016年1月9日
ヘリオス 赤い諜報戦 2016年1月9日
人生の約束 2016年1月9日
神なるオオカミ 2016年1月12日
シーズンズ 2016年1月15日
パディントン 2016年1月15日
バンド・コールド・デス 2016年1月16日
最愛の子 2016年1月16日
白鯨との戦い 2016年1月16日
の・ようなもの  のようなもの 2016年1月16日
死の恋人ニーナ  2016年1月19日
ビューティー・インサイド 2016年1月22日
ザ・ウォーク 2016年1月23日
エージェント・ウルトラ 2016年1月23日
サウルの息子 2016年1月23日
ドリーム ホーム 99%を操る男たち 2016年1月30日
ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 2016年1月30日
さらば あぶない刑事 2016年1月30日
99分,世界美味めぐり 2016年1月30日
俳優 亀岡拓次 2016年1月30日
オデッセイ 2016年2月5日
キャロル 2016年2月11日
ディーパンの闘い 2016年2月12日
スティーブ・ジョブズ 2016年2月12日
ドラゴン・ブレイド 2016年2月12日
クーパー家の晩餐会 2016年2月19日
X-ミッション  2016年2月20日
ヘイトフル・エイト 2016年2月27日
虹蛇と眠る女 2016年2月27日
偉大なるマルグリット 2016年2月27日
女が眠る時 2016年2月27日
ピン中! 2016年2月27日
マネーショート 華麗なる大逆転 2016年3月4日
マリーゴールド・ホテル幸せへの第二章 2016年3月4日
ロブスター 2016年3月5日
アーサー・フォーゲル ショービズ界の帝王 2016年3月5日
幸せをつかむ歌 2016年3月5日
マジカルガール 2016年3月12日
アーロと少年 2016年3月12日
リリーのすべて 2016年3月18日
最高の花婿 2016年3月19日
砂上の法廷 2016年3月25日
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 2016年3月25日
リップヴァンウィンクルの花嫁 2016年3月26日
無伴奏 2016年3月26日
LOVE 【3D】 2016年4月1日
ルーム 2016年4月8日
孤独のススメ 2016年4月9日
ボーダーライン 2016年4月9日
COP CAR コップ・カー 2016年4月9日
さざなみ 2016年4月9日
スポットライト 世紀のスクープ 2016年4月15日
オマールの壁 2016年4月16日
獣は月夜に夢を見る 2016年4月16日
レヴェナント:蘇えりし者 2016年4月22日
アイヒマン・ショー 2016年4月23日
アイアムアヒーロー 2016年4月23日
ズートピア 2016年4月23日
太陽 2016年4月23日
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年4月29日
追憶の森 2016年4月29日
64(ロクヨン前編/後編) 2016年5月7日
ヘイル、シーザー! 2016年5月13日
マクベス 2016年5月13日
すれ違いのダイアリーズ 2016年5月14日
世界から猫が消えたなら 2016年5月14日
ひそひそ星 2016年5月14日
海よりもまだ深く 2016年5月21日
スティーヴ・マックィーン その男とル・マン 2016年5月21日
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ 2016年5月27日
神様メール 2016年5月27日
エルヴィス、我が心の歌 2016年5月28日
ヒメアノ〜ル 2016年5月28日
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 2016年5月28日
デッドプール 2016年6月1日
サウスポー 2016年6月3日
FAKE 2016年6月4日
団地 2016年6月4日
マネーモンスター 2016年6月10日
シークレット・アイズ 2016年6月10日
エクス・マキナ 2016年6月11日
夏美のホタル 2016年6月11日
裸足の季節 2016年6月11日
教授のおかしな妄想殺人 2016年6月11日
二ツ星の料理人 2016年6月11日
ノック・ノック 2016年6月11日
帰ってきたヒトラー 2016年6月17日
10 クローバーフィールド・レーン 2016年6月17日
クリーピー 偽りの隣人 2016年6月18日
レジェンド 狂気の美学 2016年6月18日
好きにならずにいられない 2016年6月18日
WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ 2016年6月24日
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ 2016年6月25日
二重生活 2016年6月25日
ブルックリン 2016年7月1日
セトウツミ 2016年7月2日
フラワーショウ! 2016年7月2日
ペレ 伝説の誕生 2016年7月8日
シング・ストリート 未来へのうた 2016年7月9日
ラスト・タンゴ 2016年7月9日
生きうつしのプリマ 2016年7月16日
AMY エイミー 2016年7月16日
ロック・ザ・カスバ! 2016年7月20日
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 2016年7月22日
ヤング・アダルト・ニューヨーク 2016年7月22日
シン・ゴジラ 2016年7月29日
アンフレンデッド 2016年7月30日
ニュースの真相 2016年8月5日
花芯 2016年8月5日
奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ 2016年8月6日
タンゴ・レッスン 2016年8月6日
栄光のランナー 1936ベルリン 2016年8月11日
ゴーストバスターズ 2016年8月19日
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた 2016年8月20日
君の名は。 2016年8月26日
アスファルト 2016年9月3日
スーサイド・スクワッド 2016年9月10日
グッバイ、サマー 2016年9月10日
レッドタートル ある島の物語 2016年9月17日
映画 聲の形 2016年9月17日
怒り 2016年9月17日
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント 2016年9月17日
イレブン・ミニッツ 2016年9月20日
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years 2016年9月22日
ある天文学者の恋文 2016年9月22日
ハドソン川の奇跡 2016年9月24日
高慢と偏見とゾンビ 2016年9月30日
SCOOP! 2016年10月1日
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ 2016年10月7日
ジェイソン・ボーン 2016年10月7日
グッドモーニングショー 2016年10月8日
永い言い訳 2016年10月14日
GANTZ:O 2016年10月14日
ダゲレオタイプの女 2016年10月15日
何者 2016年10月15日
われらが背きし者 2016年10月21日
スター・トレック BEYOND 2016年10月21日
インフェルノ 2016年10月28日
ザ・ギフト 2016年10月28日
湯を沸かすほどの熱い愛 2016年10月29日
手紙は憶えている 2016年10月29日
PK 2016年10月29日
ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 2016年10月29日
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に 2016年11月5日
退屈な日々にさようならを 2016年11月19日
ブルーに生まれついて 2016年11月26日
マダム・フローレンス! 夢見るふたり 2016年12月1日
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 2016年12月16日