できれば映画に浸っていたい。。

鑑賞した映画のレビューや解説を勝手気ままに書いていきます。

アメリカ(ひいては世界)に横たわる、、現代の危機を解く”隠された数式(!?)”映画「ドリーム(原題:Hidden Figures)」動画レビュー!

映画『ドリーム』(2016年)

f:id:vegamacjp:20171022152326j:plain

↓動画レビューはこちら↓


映画『ドリーム』をレビュー!アメリカ初の地球軌道周回飛行を支えた黒人系リケジョの活躍☆

<あらすじ>

ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。(映画.comより)

<スタッフ>

監督:セオドア・メルフィ

脚本:アリソン・シュローダー

   セオドア・メルフィ

撮影:マンディ・ウォーカー

 <キャスト>

タラジ・P・ヘンソン(キャサリン・G・ジョンソン)

オクタビア・スペンサー(ドロシー・ボ―ン)

ジャネール・モネイ(メアリー・ジャクソン)

ケビン・コスナー(アル・ハリソン)

 

<みどころワンポイント☆>

アメリカでの黒人差別が未だ色濃く残る1960年代・初頭。自らの才能を武器に奮闘する黒人系女性三人の奮闘劇かと思いきや、、実はそんな単純な映画ではなかった。

これは、現代に横たわる社会的な危機(と思しき情勢)に対して、世に放った痛烈な

メッセージであり、問題解決策なのだ。と同時に、アメリカンドリームの原理原則を改めて説いた、実にオーソドックスなセオリーを押さえた二重構造の物語でもある。

 

詳しくは動画レビューで!


映画『ドリーム』をレビュー!アメリカ初の地球軌道周回飛行を支えた黒人系リケジョの活躍☆

 

ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)

ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)

 
「ドリーム」オリジナル・サウンドトラック

「ドリーム」オリジナル・サウンドトラック