読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できれば映画に浸っていたい。。

鑑賞した映画のレビューや解説を勝手気ままに書いていきます。

映画「LOVE【3D】」に観る、”愛しさ”と”切なさ”

「LOVE【3D】」(2015年)


映画「LOVE」ショートレビュー

【あらすじ】

主人公”マーフィー”は、妻の”オミ”と未だ幼い息子との三人暮らし。

オミが息子の面倒に明け暮れる日々のためか、夫婦間に流れる倦怠感がマーフィーの心に暗い影を落としている。

元旦の朝、マーフィーは昨夜の”クスリ”の余韻が未だ残る最低な気分で目醒める。

そこへ、元カノ”エレクトラ”の母親から、一本の電話が。 

f:id:vegamacjp:20160919143434j:plain

エレクトラが失踪してしまったらしい。

彼女と連絡が取れなくなった母親は、半ば取り乱して元カレであるマーフィーに連絡をよこしたのだ。

この電話をきっかけに、マーフィーはエレクトラとの激しい愛欲に満ちた日々を回想し始めるのだった。。


映画 LOVE 【3D】  ギャスパー・ノエ監督最新作 4月1日(金)公開!

 

【みどころ】

全体の7割〜8割が濃厚なベッドシーン。かなりエロい(笑)。

はっきり言ってポルノなのだが、

全編にわたって深い哀切感に満ち溢れた恋愛映画でもある。

 

特に3人の絡みのところが印象的。

エロいながらも、バックで流れるギターソロの情感が溢れてて、、

ここを味わえば味わうほど、マーフィーの激しい”喪失感”、”絶望感”に感情移入できる。(※ギターソロはFunkadelicの”Maggot Brain” )

f:id:vegamacjp:20160919143534j:plain

劇場公開時は3Dだったこともあり、ふたりがお互いを求め合うサマが”強烈な臨場感”をもって観る者の脳髄に飛び込んでくる。

これは、主人公の痛々しい”欠落感”や”失望感”を一緒に体感する映画。

もはや、私にとっては泣ける一本だ。

 

【早期購入特典あり】LOVE(劇場版B2ポスター付き) [DVD]
 

 

 

MAGGOT BRAIN

MAGGOT BRAIN